Fujisawa Net Museum


江の島を訪れた人びと


“Shell Mounds of Omori”の表紙

“Shell Mounds of Omori”の表紙

“Shell Mounds of Omori”の表紙

解説

 E.S.モース博士は、大森貝塚の発掘調査について、イギリスの科学雑誌“Nature”(1877年11月29日号)に「日本における太古の人類の形跡」と題する報告文を寄稿(執筆9月21日付)しており、これが最初の報告となっています。
 写真の本は、1879年(明治12年)に、“Shell Mounds of Omori”と題した東京大学理学部の英文紀要第1巻第1部として刊行された大森貝塚の発掘調査報告書で、本文とともに土器などの遺物の図版が掲載されています。モース博士は、この報告書の中で、土器の形状、材料、作り方、飾り方、補修法などについて記述するとともに、土器の機能分類も行っています。また、この報告書の中で、土器の文様(もんよう)についての“cord marked pottery”という表現が、現在使われている「縄文土器」につながっています。
 この報告書の邦文版は、「大森介墟古物編」[矢田部良吉訳・東京大学理学部邦文紀要「理科会粋」第一帙(ちつ)上冊]として、1880年(明治13年)に刊行されています。なお現在、モース博士が発掘した大森貝塚のかなりの数の遺物は、東京大学総合研究博物館で保管され、1975年(昭和50年)には、そのうちの一部が国の重要文化財に指定されています。

参考文献
(1) 「大森貝塚」 E.S.モース著 近藤義郎・佐原真編訳 1983年 岩波文庫
(2) 「モースその日その日:ある御雇教師と近代日本」 磯野直秀 1987年 有隣堂

  
 
Page Top