資料詳細

一覧へ戻る

三代歌川豊国 江の嶌もうで
資料番号 10059
資料名 江の嶌もうで
(えのしまもうで)
分類 七里ヶ浜から遠景に江の島を描いた作品
作者 歌川 国貞(三代 豊国) 詳細
時代 江戸
形態・用途 書画
場所 江の島
解説
大判縦3枚続 縦36.0 横99.6
制作時期:弘化年間(1844~47)。板元:布吉

三代豊国は文政12年(1829年)柳亭種彦作『偐紫田舎源氏』(にせむらさきいなかげんじ)合巻(ごうかん)の挿絵で評判となり、弘化元年(1844年)豊国の号を継ぎ、以後乱作傾向となり画風は類型的(るいけいてき)となります 。
 画面は、江の島と富士を背景に3人の女性が、それぞれのしぐさで描かれています。左端の女性は火打金(ひうちがね)(右手)と火打ち石(ひうちいし)を打合せようとしています。また、右端の女性の持つ煙管(きせる)には疱瘡除け(ほうそうよけ)天然痘(てんねんとう)の赤い布が巻き付けられ、いずれも旅の安全を祈るまじないです。

三代豊国は文政12年(1829年)柳亭種彦作『偐紫田舎源氏』合巻(ごうかん)の挿絵で評判となり、弘化元年(1844年)豊国の号を継ぎ、以後乱作傾向となり画風は類型的となります。他方では工芸的な要素が増し、美人役者シリーズものを多く制作しています。全般的には合巻類挿絵が多いようです。文化と天保年間に若干読本の挿絵も描き、更に天保中期頃風景画も描いています。この作品は、国貞改二代一陽斎豊国と落款されていて、二代豊国の後継のいざこざのあった時期の作品です。

Page Top