資料詳細

一覧へ戻る

二代歌川広重 無題(江の島貝ひろい)
資料番号 10063
資料名 題名不詳(江の島貝ひろい)
(えのしまかいひろい)
分類 江の島そのものを主題とした作品
作者 二代 歌川 広重(重宣) 詳細
時代 江戸
形態・用途 書画
場所 江の島
解説
大判縦1枚 縦35.5 横25.1
制作時期:嘉永5年(1852)4月。板元:村市
安政6年(1859年)に二代歌川広重を継いだ重宣は、重宣を名乗っている初期の時代(弘化~安政5年)は初代の画風を習い、風景画の模倣や美人画・花鳥画を描いています。この作品は「相州江のしま詣の図、七里が浜真景」の構図を人物の向きや動きを少し変えて模倣したもので、現状は大判縦1枚ですが、最初は師と同じ大判縦3枚続の構成で、中央の1枚が残ったと考えられるものです。そして更にこの図は彼自身の作である「相州七里ヶ浜」大判3枚続、万延元年(1860年)刊板元萬屋の、中央の1枚に座って貝ひろいをしている女性の向きを変えただけで流用していることからも、七里ガ浜を描いた同じ図柄の3枚続きであったことが知られます。

Page Top