資料詳細

一覧へ戻る

作者不詳 無題(江の島風景)
資料番号 10085
資料名 題名不詳(江の島風景)
(えのしまふうけい)
分類 江の島そのものを主題とした作品
作者 作者不詳 詳細
時代 不明
形態・用途 書画
場所 江の島
解説
泥絵 縦31.7 横45.2
制作時期:不明。落款なし
泥絵(どろえ)とは、泥絵具という粗悪な顔料(がんりょう)に胡粉(ごふん)を混ぜた絵具で描いたもので、宝暦頃を最初として、19世紀前半頃まで職人画工の手で作られた遠近法を主体とした洋風表現の強い絵のことです。眼鏡絵(めがねえ)として制作されたものが多いので、銅版や木版で制作された作品以外の肉筆眼鏡絵を泥絵と称する場合もあります。この絵も左右逆影に描かれており、のぞき眼鏡用に制作されたものであることがわかります。作品としては、中国やオランダから渡来した「覗きからくり」のための絵を宝暦年間(1751-1764年)に円山応挙が制作したのが最初のものと言われています。

Page Top