資料詳細

一覧へ戻る

東海道七 五十三次 藤沢(隷書東海道)
資料番号 10150
資料名 東海道七 五十三次 藤沢(隷書東海道)
(とうかいどうごじゅうさんつぎ ふじさわ(れいしょとうかいどう))
分類 江の島一ノ鳥居・大鋸橋付近を描いた作品
作者 歌川 広重 詳細
時代 江戸
形態・用途 書画
場所 藤沢
解説
大判横1枚 縦24.8 横37.2
製作時期:弘化4年(1847)~嘉永5年(1852)。板元:丸屋清次郎


このシリーズは表題の書体から俗に隷書東海道と呼ばれ、保永堂版、行書版と共に三大傑作シリーズの一つです。藤沢宿の夜の風景で、右側にある鳥居が江の島一ノ鳥居(江の島道入口)、左手にあるのが大鋸橋(現遊行寺橋)です。宿場に着いた人々と客引きをする宿の人々の様子が描かれ、にぎわいが感じられます。

Page Top