資料詳細

一覧へ戻る

資料番号 10736
資料名 東海道五十三次之内 小田原箱根間 曽我の里 鯰坊主(二代目坂東彦左衛門)
(とうかいどうごじゅうさんつぎのうち おだわら はこね かん そがのさと なまずぼうず(にだいめばんどう ひこざえもん) )
作者 歌川 国貞(三代 豊国) 詳細
時代 江戸
時代詳細 嘉永5年(1852)
場所 曽我 小田原
解説
 鯰坊主は、演目『暫(しばらく)』に登場する鹿島入道(かしまにゅうどう)の通称です。「鯰隈(なまずぐま)」と呼ばれる隈取(くまどり)で、もみあげから長い毛を垂らした姿に加え、蛸が大きくあしらわれた着物は、見る者に大きなインパクトを与えます。鯰坊主は、敵役(かたきやく)でありながら、道化の要素も併せ持つ「半道敵(はんどうがたき)」という役割を担っています。
『暫』は、「歌舞伎十八番」の1つに数えられています。歌舞伎十八番とは、七代目市川団十郎が江戸時代に定めた「成田屋のお家芸」のことです。

 これは『役者見立東海道五十三駅』というシリーズです。
このシリーズは、全部で一四〇点確認されています。
作者は三代豊国<とよくに>で、とても人気の高かった絵師です。
背景には宿場の風景が描かれており、手前の人物は、宿場と関わりのある歌舞伎の登場人物です。
また人物は、有名な役者の似顔絵で描かれています。
関連資料 役者見立東海道五十三駅 詳細

Page Top