資料詳細

一覧へ戻る

資料名 新版東海道五十三次行列双六
(しんばんとうかいどうごじゅうさんつぎぎょうれつすごろく)
作者 歌川貞秀(橋本 貞秀) 詳細
時代 江戸
時代詳細 慶応元年(1865)
解説
将軍家茂による上洛の二年後に作られた作品で、東海道の道のりが一つの画面に収められた双六です。旗の立っている場所が行列の通っている目印となっています。
七番目のマスである藤沢宿には旅籠と思われる建物が立ち並でいます。その左上の江の島には、島入り口の鳥居や江戸時代には存在していた三重塔といった、細部に至る描写がみられます。

Page Top