資料詳細

一覧へ戻る

資料名 諸国瀧廻り 相州大山ろうべんの滝
(しょこくたきめぐり そうしゅうおおやまろうべんのたき)
作者 葛飾 北斎 詳細
時代 江戸
時代詳細 天保4年(1833)
解説
諸国の滝を題材にした「諸国瀧廻り」シリーズ全8図のうちの一枚。
良弁(ろうべん)(奈良時代の僧)の滝は大山(現・伊勢原市)にある滝。大山の石尊大権現(せきそんだいごんげん)への参詣は江戸中期頃から盛んに行われ、参詣者は大滝かこの良弁の滝で水垢離(みずごり)(水を浴びて身を清める儀式)をとりました。

Page Top