資料詳細

一覧へ戻る

資料名 東海道名所 大磯鴫立沢 
(おおいそしぎたちざわ)
作者 歌川 広重 詳細
時代 江戸
時代詳細 嘉永4年(1851)
形態・用途 中判錦絵
解説
「心なき身にもあはれは知られけり鴫立沢の秋の夕暮」――西行
平安(へいあん)時代の歌人(かじん)、西行(さいぎょう)に縁(ゆかり)ある土地の、大磯(おおいそ)の鴫立沢(しぎたちざわ)の風景が描かれます。鴫立沢(しぎたちざわ)には江戸時代初期に俳諧道場(はいかいどうじょう)「鴫立庵(しぎたつあん)」が開かれ、数多くの俳人(はいじん)たちが訪れました。画面右下に描かれた「西行庵(さいぎょうあん)」は西行(さいぎょう)の坐像(ざぞう)が安置されている円位堂(えんいどう)(円位は西行の法名)と思われます。

本作は東海道の名所風景に、当代諸家(とうだいしょか)の発句集 (ほっくしゅう)を配した絵俳書 (えばいしょ)です。嘉永4年(1851)に版元の永楽屋丈助(えいらくやじょうすけ)より刊行された『東海道名所発句集(とうかいどうめいしょほっくしゅう)』の改題本で、元は版本(はんぽん)として売り出されたものが、江戸から伊豆(いず)にかけての風景を画帖 (がじょう)の形式で再版されたものらしく、各図が独立した一枚の絵として鑑賞できるようになっています。本作を描いた時期、広重は天童藩(てんどうはん)からの依頼により多数の肉筆画(にくひつが)を描いており、自然な奥行きを感じさせる構図や、青みがかった淡い色調など、肉筆(にくひつ)(直接に筆で描いた作品)の風景画に通じる表現も見られます。

Page Top