資料詳細

一覧へ戻る

資料名 偐紫田舎源氏
(にせむらさきいなかげんじ)
作者 歌川 国貞(三代 豊国) 詳細
時代 江戸
時代詳細 文政12年(1829年) - 天保13年(1842年)
解説
柳亭種彦の未完の長編【草双紙】。
挿絵は歌川国貞。文政12年(1829年) - 天保13年(1842年)刊。大当たりし、14年に渡って執筆し種彦の代表作となりましたが、作者の筆禍(ひっか)(当時の政治に対しての不満等を記し罰せられる意味)と死去により、第38編(152冊)までに終わっています。紫式部(むらさきしきぶ)の『源氏物語』(げんじものがたり)を下敷きにし、時代を平安時代(へいあんじだい)から室町時代(むろまちじだい)へ移して、将軍足利義政(しょうぐん あしかがよしまさ)の妾腹の子・光氏(みつうじ)が、将軍位を狙う山名宗全(やまなそうぜん)を抑えるため、光源氏(ひかるげんじ)的な好色遍歴を装いながら、宗全一味をはかりごとで滅ぼした後、京都に戻り、将軍後見役(しょうぐんこうけんやく)となって栄華を極める、という内容です。

Page Top