資料詳細

一覧へ戻る

資料番号 90012
資料名 絹本著色二河白道図
(けんぽんちゃくしょく・にがびゃくどうず)
分類 県指定重要文化財(絵画)
時代 南北朝
形態・用途 書画・仏像や神像
場所 西富
解説
昭和28年(1953)12月22日指定/縦114.4cm、横52.5㎝/二河白道とは唐の善導大師が経典の中に説いた教えで、本図はこれを図示したものです。画面右手に立つのは釈迦、左手は阿弥陀で、両方の足下を一筋の白い直線が結んでいます。白線の上下は水の河・火の河で、この「二河」が、釈迦の立つこの世と、阿弥陀の立つ浄土を大きく隔てています。人が阿弥陀のいる彼岸に渡るには、白く狭い一本道しかありません。この絵は、欲深い心を表す水の河や、怒り憎む心を表す火の河に落ちずに、清浄な心で真ん中の「白道」を進めば、浄土に着くことができる、と説いているのです。下辺に描かれている人物はこの世で合掌する善導です。南北朝時代、14世紀の作と考えられています。所有管理者:清浄光寺(遊行寺)
関連資料 県指定重要文化財 詳細


Page Top