資料詳細

一覧へ戻る

資料番号 90019
資料名 絹本著色太空上人像
(けんぽんちゃくしょく・たいくうしょうにんぞう)
分類 市指定重要文化財(絵画)
時代 室町
形態・用途 書画・肖像画
場所 西富
解説
平成10年(1998)2月12日指定/縦76.0cm、横32.5cm/遊行14代太空上人を描いた肖像画です。衾(ふすま・防寒用具)をはおり、数珠をもって合掌する姿で、一遍像や他阿真教像と同様に六字名号を記しています。ただ、時宗の高僧画像としては珍しく、椅子に座した頂相(ちんぞう・禅僧の肖像画)の形式になっています。画絹の欠失が目立ちますが、幸い像容はよく残っており、室町時代の作と推定されています。太空は、上杉禅秀の乱で落命した人畜を等しく供養した敵御方供養塔(清浄光寺境内)を造立したことでも知られています。所有管理者:清浄光寺(遊行寺)
関連資料 市指定重要文化財 詳細


Page Top