資料詳細

一覧へ戻る

資料番号 90022
資料名 石造閻魔大王像
(せきぞう・えんまだいおう・ぞう)
分類 市指定重要文化財(彫刻)
時代 江戸
形態・用途 石造・仏像や神像
場所 西俣野
解説
昭和41年(1966)1月17日指定/像高24cm、安山岩一石彫刻/小像ながら、ていねいでよくまとまっていて、力強さと大きさを感じさせます。この像の隣に本尊の木造閻魔大王像があり、その体内像で、江戸期の作と考えられています。この石造像は、以前は村内の閻魔堂(今はない)に本尊の“前立ち”として安置されていたようで、同堂が退転する時に、本尊とともに近くの花応院に移されたと伝えられています。なお、本尊の木造像は、『新編相模国風土記稿』によると「小野篁彫刻せしと伝う」と記されています。所有管理者:花應院
関連資料 市指定重要文化財 詳細


Page Top