資料詳細

一覧へ戻る

資料番号 90028
資料名 木造地蔵菩薩立像
(もくぞうじぞうぼさつりゅうぞう)
分類 市指定重要文化財(彫刻)
時代 南北朝
形態・用途 木造・仏像や神像
場所 本町
解説
平成28年(2016)2月1日指定/割矧造り、玉眼(水晶の眼)、仏身漆箔、仏衣彩色。 両手、持ち物・光背などは欠失していたのを平成28年(2016)に解体修理した際に補いました。像高91.5㎝ 頭長17.6㎝ 臂張22.8㎝ 腹厚15.6㎝、桧材に彩色。市内現存の地蔵菩薩として最古のもので、技巧的にも優れた優品です。衣文の条数が多いなど、鎌倉を中心に流行した宋風の特徴があります。胸部で仏身と着衣の境を割り矧ぐ、鎌倉仏師の伝統的技法を持ちます。所有管理者:常光寺
関連資料 市指定重要文化財 詳細


Page Top