資料詳細

一覧へ戻る

資料番号 90033
資料名 羽鳥御霊神社の梵鐘
(はとり・ごりょうじんじゃの・ぼんしょう)
分類 市指定重要文化財(工芸品)
時代 南北朝
時代詳細 1386
形態・用途 金属器・梵鐘
場所 羽鳥
解説
昭和41年(1966)1月17日指定/総高101.5㎝、口径66.5㎝/銘文によると、この鐘は、至徳3年(1386)に鋳造された千葉県香取市の香取神宮寺の梵鐘でしたが、明治維新の神仏分離の際に流出したものとわかります。明治5年(1872)羽鳥村78人が22円1分を献金したことが銘文に追刻されており、村民が仏具商から買い入れ、非常警報用の鐘にしたと伝えられています。所有管理者:御霊神社
関連資料 市指定重要文化財 詳細


Page Top