資料詳細

一覧へ戻る

資料番号 90055
資料名 八臂青面金剛像庚申供養塔 
(はっぴしょうめんこんごうぞう・こうしんくようとう)
分類 市指定重要文化財(有形民俗文化財)
時代 江戸
時代詳細 1806
形態・用途 石造・供養塔
場所 下土棚
解説
昭和52年(1977)4月13日指定/笠塔婆型、総高118.5㎝、堆積岩(砂岩)製/塔身側面の銘文で、文化3年(1806)下土棚村の造立とわかります。この庚申供養塔は、他の市内庚申供養塔と違って、青面金剛像が三面八臂(さんめんはっぴ・顔3つで8本腕)です。本像は塔身一杯に陽刻され足下に邪鬼を踏まえています。三猿像は別石の基台前面に半ば横ばいの姿で彫り込まれています。塔身左側面に「右ふじさハ道」、基礎前面に「左りほしのや道」と刻まれているところから、道しるべもかねていたことがわかります。所在:下土棚
関連資料 市指定重要文化財 詳細


Page Top