資料詳細

一覧へ戻る

資料番号 90056
資料名 寛文12年庚申供養塔
(かんぶん12ねん・こうしんくようとう)
分類 市指定重要文化財(有形民俗文化財)
時代 江戸
時代詳細 1672
形態・用途 石造・供養塔
場所 大庭
解説
昭和52年(1977)4月13日指定/板碑型、総高125㎝、火成岩(安山岩)製/銘文から、寛文12年(1672)「大庭入村千手院」の造立とわかります。千手院は廃寺となっていますが、標識が「南無阿弥陀佛」の六字名号であることから、浄土宗系の庚申供養塔と思われます。塔身前面をていねいに枠取りして、碑面の割り付けよく銘文だけを刻み込んであります。三猿像は塔身の枠外に正面向きに陽刻され、基礎部の上に位置しています。これは三猿像の位置づけに変化が起こる前兆として注意されます。この庚申供養塔は、もと大庭二番構5700番地先にありましたが、開発工事のため現地に移されました。所在:大庭・北の谷共同墓地内
関連資料 市指定重要文化財 詳細


Page Top