資料詳細

一覧へ戻る

資料番号 90060
資料名 承応2年庚申供養塔
(じょうおう2ねん・こうしんくようとう)
分類 市指定重要文化財(有形民俗文化財)
時代 江戸
時代詳細 1653
形態・用途 石造・供養塔
場所 藤沢
解説
昭和52年(1977)4月13日指定/板碑型、総高199㎝/承応2年(1653)造立銘の市内最古の庚申供養塔です。塔身前面上方に胎蔵界大日如来の種子(アーンク)を、その下に梵字光明真言(3行)を彫りつけた、真言密教系の庚申供養塔です。造立者として本願畠次左衛門以下9名が基礎部に刻まれています。三猿像は、正面向きに配置され、三猿とも陰部を明瞭に彫り出していることなど、この時代の庚申供養塔彫刻の特徴をあらわにしています。庚申信仰は十干・十二支の組合せで60日毎に巡ってくる庚申の日の夜を眠らずに過し無病・息災・長寿を願うものです。所在:伊勢山公園、所在:藤沢・伊勢山公園
関連資料 市指定重要文化財 詳細


Page Top