資料詳細

一覧へ戻る

資料番号 90062
資料名 万治2年庚申供養塔
(まんじ2ねん・こうしんくようとう)
分類 市指定重要文化財(有形民俗文化財)
時代 江戸
時代詳細 1659
形態・用途 石造・供養塔
場所 本町
解説
昭和52年(1977)4月13日指定/笠塔婆型、総高123㎝/万治2年(1659)の造立銘があります。塔身上方の3つの梵字は阿弥陀三尊(阿弥陀如来、観世音菩薩、勢至菩薩)の種子、その下の5つの梵字は大日如来真言(アビラウンケン)を現しています。さらにその下に一鶏・一猿像、左右両側面に「南無阿弥陀佛」の六字名号が刻まれています。銘文から、浄土教信者による講中が建立した庚申塔と考えられています。所在:本町・常光寺
関連資料 市指定重要文化財 詳細


Page Top