資料詳細

一覧へ戻る

資料番号 90064
資料名 寛文4年庚申供養塔
(かんぶん4ねん・こうしんくようとう)
分類 市指定重要文化財(有形民俗文化財)
時代 江戸
時代詳細 1664
形態・用途 石造・供養塔
場所 村岡東
解説
昭和52年(1977)4月13日指定/舟型光背型、総高97.0㎝、火成岩製/銘文から、寛文4年(1664)村岡の講中12名による造立とわかります。下方を基礎様に造り出して全体的な安定感を工夫し、塔身中央に帝釈天造立の発願文と年記を刻んでいます。日蓮宗系の庚申供養塔は、この塔のように帝釈天の尊号を標識とした例も少なくありません。帝釈天と青面金剛との結合は、青面金剛が帝釈天の使者として仮の姿をとって現れるという考え方によるものです。所在:村岡東
関連資料 市指定重要文化財 詳細


Page Top