資料詳細

一覧へ戻る

資料番号 90070
資料名 応永26年板碑1基
(おうえい26ねん・いたび)
分類 市指定重要文化財(有形民俗文化財)
時代 室町
時代詳細 1419
形態・用途 石造・板碑
場所 打戻
解説
平成4年(1992)2月1日指定/尖頭扁平型(上下欠失)、総高70.0㎝、変成岩(緑泥片岩)/銘文から、応永26年(1419)覚阿の造立とわかります。月輪内に阿弥陀三尊の種子を示す梵字が刻まれ、「右所趣者帰弥陀法身擬法界大智依即得往生金言奨」の銘文は、「この卒塔婆の趣旨とするところは阿弥陀仏の法身に帰依し、法界大智(真言密教)の心意を覚得したことに依って即往生できる」という意味です。板碑は、12~16世紀に流行した卒塔婆(そとば)の一種で、一般に浄土教的色彩のものが多いのですが、この板碑は密教色の濃い特徴を持ち合わせています。所在:打戻
関連資料 市指定重要文化財 詳細


Page Top