資料詳細

一覧へ戻る

資料番号 90074
資料名 相模のささら踊り
(さがみささらおどり)
分類 県指定重要文化財(無形民俗文化財)
時代 不明
形態・用途 民俗芸能
場所 葛原
遠藤
解説
平成20年(2008)2月5日指定/以前は「遠藤盆おどり」、「葛原盆おどり」として、個別に二団体の芸能を市指定文化財としていましたが、県内の「ささら踊り」の継承8団体(藤沢市2、厚木市2、南足柄市1、綾瀬市1、海老名市1、秦野市1)を一括して平成20年(2008)に県指定へ変更されました。相模平野の農村地帯に広く分布する「びんざさら」(ささら。30枚~50枚程度の竹製の薄板を合わせてひもを通し、伸縮させながら叩いて音を出す楽器)と小太鼓を使用します。藤沢市の二団体ほか輪踊り(円形に行列して踊る)が多いです。継承8団体が毎年一回一堂に会して輪番制の大会を開いています。所管:葛原芸能保存会・遠藤民俗芸能保存会
関連資料 県指定重要文化財 詳細

Page Top