資料詳細

一覧へ戻る

資料番号 90075
資料名 西富ばやし
(にしとみ・ばやし)
分類 市指定重要文化財(無形民俗文化財)
時代 不明
形態・用途 民俗芸能
場所 西富
解説
昭和45年(1970)11月21日指定/西富の諏訪神社祭礼(8月25-27日)のお囃子です。地名をつけて「西富ばやし」と呼ばれていますが、囃子の調子はこの地方一帯に分布している鎌倉ばやし系統のもので、市内で最も優れた型を残しています。構成は、大太鼓1・小太鼓2・すり鉦1・笛1で、総リードは鉦が行います。曲目は「ショウデン」「カマクラ」「シチョウメ」「シンパヤシ」「ランビョウシ」で、獅子・ひょっとこ・おかめ・道化人などのお面をつけた踊りが入ります。各種の行事にも参加しています。所管:西富町ばやし保存会
関連資料 市指定重要文化財 詳細

Page Top