資料詳細

一覧へ戻る

資料番号 90078
資料名 片瀬餅つき唄
(かたせ・もちつきうた)
分類 市指定重要文化財(無形民俗文化財)
時代 不明
形態・用途 民俗芸能
場所 片瀬
解説
昭和51年(1976)4月15日指定/練り歌「ヤレめでためでたの若松様よ/枝も栄える/葉も茂る」。つき歌「江の島前で餅つけば/音のよさ/音のよさ岩にひびける/江の島前で鳩がなく/なんとなく/江の鳥御繁昌となく」。この餅つき唄は、遠く元禄時代、300年以上も前から、片瀬の年末行事として行われてきた民謡です。その節回しには、正月をひかえ、各家で本家分家の人たちが大勢集まってにぎやかに行われたであろう明かるさにあふれています。つき手は4人、テミズといって手がえしをする1人の、5人が中心となってつきます。所管:片瀬餅つき唄保存会
関連資料 市指定重要文化財 詳細

Page Top