資料詳細

一覧へ戻る

資料番号 90081
資料名 遠藤焼米つき唄・臼ひき唄
(えんどうやきごめつきうた・うすひきうた)
分類 市指定重要文化財(無形民俗文化財)
時代 不明
形態・用途 民俗芸能
場所 遠藤
解説
平成26年(2015)10月25日指定/農作業にともなう労働唄の一つで、神奈川県と東京都の南部に限定的に分布します。昭和53年(1978)に「かながわの歌50選」選定されています。唄の拍数と焼米を搗く拍数が異なるため習得が難しく、地域ごとに伝えられてきたため、それぞれ調子・歌詞が異なります。5月中旬頃、余った籾を蒸して煎り、臼に入れ三本の杵で搗く際に、搗く調子をそろえるために唄う唄です。特に若い娘のいる家に若者が集い、男女交流の一つとして行われました。搗きあげた米は、大豆(煎って皮を除いたもの)を混ぜて神供えしたり、間食としました。所管:遠藤農作業唄保存会
関連資料 市指定重要文化財 詳細

Page Top