資料詳細

一覧へ戻る

資料番号 90089
資料名 浄土院筆子塚群5基
(じょうどいん・ふでこづかぐん)
分類 市指定重要文化財(史跡)
時代 江戸
形態・用途 石造・墓碑
場所 菖蒲沢
解説
平成4年(1992)2月1日指定/浄土院の歴代住職の墓碑は9基あり、その内の5基が筆子塚です。江戸時代の慣習として、寺の住職の専住は稀で転住を繰り返し、当寺で亡くなった住職のみが葬られました。寛政9年(1797)に没した輪誉から25世勲誉までの約半世紀、5代にわたって寺子屋が継続されたのは珍しいことです。筆子塚とは、江戸時代、寺子屋で学んだ幼童(筆子)が、師の報恩のために墓碑を建てて供養したものです。寺子屋教育は社会奉仕の一つであると同時に、住職の生活費にあてる目的もあったようです。所在・所管:菖蒲沢・浄土院
関連資料 市指定重要文化財 詳細


Page Top