資料詳細

一覧へ戻る

資料番号 90093
資料名 クックアロウカリア
(くっくあろうかりあ)
分類 市指定重要文化財(天然記念物)
時代 不明
形態・用途 植物
場所 江の島サムエル・コッキング苑
解説
昭和46年(1976)7月5日指定/英名はクック・パイン(クック松)。南太平洋の仏領ニューカレドニア(ニューカレドニア島、イルデパン島、ロワイヨテ諸島)原産のナンヨウスギの仲間です。英国の軍人・探検家のジェームズ・クックが1774年にその植生を目撃し、「松(Pins)の島(Ile)」と名付けたのがイルデパン島です。樹形は柱状で、水平の大枝を出し、葉のつきかたに特徴が見られ、樹皮は紙のようにはがれます。
 ここに育っているものは、江の島植物園創設者のサムエル・コッキングが植えたもので、江の島のような高緯度の地で成長しているのは珍しく貴重です。所管:藤沢市
関連資料 市指定重要文化財 詳細


Page Top