資料詳細

一覧へ戻る

資料番号 90097
資料名 臺谷戸稲荷の森
(だいやと・いなり・の・もり)
分類 市指定重要文化財(天然記念物)
時代 不明
形態・用途 植物
場所 大庭
解説
昭和48年(1973)3月7日指定/タブノキ(1株)樹齢:約300年、樹高:約18m、幹回:約6.1m/大庭台地の畑地の中に悠然とかまえて立つタブノキ2株、それをとり囲んでヒサカキ・ヤブツバキ・ケヤキ・ムクノキ・エノキ等が混生して、美しい森を形成しています。この森を代表するタブノキの1株は、見事に均整のとれた雄大な姿で、市内随一の巨木と思われ、“タブの森”といってもいいほどの貫録を保っています。森の中央には古い稲荷の社があります。昭和59年(1984)県選定「かながわの名木100選」に“臺谷戸稲荷のタブノキ”が挙げられています。所在・所管:大庭・稲荷神社
関連資料 市指定重要文化財 詳細


Page Top