資料詳細

一覧へ戻る

資料番号 90100
資料名 旧近藤邸
(きゅうこんどうてい)
分類 国登録有形文化財
時代 不明
場所 鵠沼東
解説
平成14年(2002)8月21日登録/旧近藤邸は、大正関東地震の直後の1925年(大正14年)、藤沢市辻堂の松林に別荘として建てられました。当時の和洋折衷の代表的な建物といわれています。建て主の近藤賢二氏没後、所有者が変わり、老朽化に伴って取り壊しが決定されましたが、保存を望む声が近隣の住民や建築家から起こりました。「旧近藤邸を守る会」を中心とする1年余りの保存運動の結果、藤沢市によって移築保存されることになりました。1981年3月、藤沢市民会館の前庭に移築され、今日に至っています。構造:木造2階建、屋根栗こば葺(軒裏一部しっくい塗)、移築後はスレート葺、外壁下見板張(一部しっくい塗)。建設の年代:大正14年/昭和56年移築。施主:近藤賢二、設計:遠藤新。施工:米良正吉建築事務所(1925年)、移築工事:鹿島建設(1981年)。延床面積:173.39㎡(1階146.06㎡、2階27.33㎡)。所有者:藤沢市。
関連資料 国登録有形文化財 詳細


Page Top