資料詳細

一覧へ戻る

資料番号 90102
資料名 桔梗屋 店蔵
(ききょうや・みせぐら)
分類 国登録有形文化財
時代 不明
場所 藤沢(非公開)
解説
平成25年(2013)12月24日登録/桔梗屋は、旧東海道藤沢宿で茶・紙問屋を営んだ旧家です。本社は横浜に移転しましたが、現在も、藤沢は支店として営業を続けています。                                                 店蔵は、2階の軒は出桁で、さらに3段の軒蛇腹を廻らし、1階の軒も塗り込めています。軒廻りと外壁は全て黒漆喰仕上げで、2階正面と東側1箇所に重厚な観音開窓を設けています。一方1階は、現在は中央にガラス戸を立て、両脇1間を壁としますが、これは平成元年の改造です。古写真によれば元は吹き放ちで、火災時のみ塗戸を立て込んだようで、鴨居の溝が残ります。旧藤沢宿に15棟ほど店蔵が存在する時期もありましたが、外観・内部ともほぼ当初の姿を残したまま、現存するのは桔梗屋のみで、震災前の様相を伝える貴重な遺構といえます。また意匠的にも、川越・栃木等にみる江戸型の店蔵の典型といえ、窓・扉廻りの造作に職人の優れた技量を窺うことができます。構造・形式:土蔵造2階建、切妻造、桟瓦葺。建設の年代:明治44年。大工:細野弥太郎。所有者:個人。
関連資料 国登録有形文化財 詳細

Page Top