資料詳細

一覧へ戻る

資料番号 90108
資料名 林家住宅主屋
(はやしやじゅうたく・しゅおく)
分類 国登録有形文化財
時代 不明
場所 鵠沼桜が岡(非公開)
解説
平成26年(2014)10月7日登録/この住宅の主であった林達夫は、平凡社『世界大百科事典』の編集長なども務めた著名な評論家・思想家で、鵠沼を代表する文化人です。また、長男の林巳奈夫も、京都大学教授などを務めた日本における古代中国青銅器研究の第一人者で、晩年はこの住宅で過ごしました。              建物は林達夫が藤沢市内六会の古民家を購入したのち、日本古民家の構成と古材の風格を生かしつつ「古英国風田舎家」に造り上げたものです。内部は古民家の太い梁などの部材を残しつつ、随所にイギリス風の意匠が施されており、外観は、急勾配の切妻屋根とハーフディンバー(柱、梁、筋かいなど軸組みとなる部分を外観に現した建築技法)の外壁が特徴となっています。構造・形式:木造平屋建一部2階建、切妻造、和小屋、銅板一文字葺一部フランス瓦葺、外壁モルタル塗り(柱型梁型あらわし)、脇門付き。建設の年代:昭和12年築、昭和33年増築。施主・設計:林達夫。延床面積:218㎡。所有者:個人。          
関連資料 国登録有形文化財 詳細

Page Top