資料詳細

一覧へ戻る

資料名 題名不詳(『姫競双葉絵草子』より漁師浪七と照手姫)
(だいめいふしょう ひめくらべふたばえぞうし より りょうしなみしち と てるてひめ)
作者 春江斎 北英 詳細
時代 江戸
時代詳細 天保4年(1833)
解説
天保(てんぽう)4年(1833)大阪で上演された『姫(ひめ)競(くらべ)双葉(ふたば)絵(え)草子(ぞうし)』より、漁師の浪七(なみしち)(実は小栗判官の家臣)が、悪者により船で浚(さら)われそうになった照手(てるて)姫(ひめ)を引き戻す場面が描かれます。
本作は波立つ海が動きと奥行きを持って描かれており、海と画面上部の漆黒との色対比が鮮やかである点も特筆されます。
作者の春江(しゅんこう)斎(さい)北英(ほくえい)は上方(京・大坂)の浮世絵師です。大阪の役者絵と江戸の役者絵では、役者の顔の描き方が異なります。また摺りに金銀が頻繁に用いられることも特徴で、本作には照手姫の衣装にその様子がみられます。
関連資料 小栗判官 詳細

Page Top