資料詳細

一覧へ戻る

資料名 題名不詳(『青砥稿花紅彩画』より白浪五人男)
(だいめいふしょう あおとぞうしはなのにしきえ しらなみごにんおとこ)
作者 歌川国明 詳細
時代 江戸
時代詳細 文久2年(1862)
解説
白浪(しらなみ)五人男(ごにんおとこ)の着ている着物の柄は、それぞれの人物が表されており、忠信(ただのぶ)利(り)平(へい)は神出鬼没(しんしゅつきぼつ)を表す龍、赤星(あかぼし)十三(じゅうざ)(十三郎)は明けの明星(みょうじょう)、南郷(なんごう)力丸(りきまる)は荒くれ者の象徴である稲妻と雷獣(らいじゅう)という架空獣、日本(にっぽん)駄右衛門(だえもん)は小鳥を今にも捕らえんとする猛禽(もうきん)、弁天小僧菊之助(べんてんこぞうきくのすけ)は腕の彫物に大きく菊の花が描かれ、着物の柄は雷(かみなり)紋(もん)が施されています。この弁天小僧の雷紋は演じる十三代目市村(いちむら)羽左衛門(うざえもん)にゆかりある渦巻(うずまき)にアレンジされています。

Page Top