資料詳細

一覧へ戻る

資料名 東海道五十三次之内 戸塚藤沢間 吉田橋 松若
(とうかいどうごじゅうさんつぎのうち とつかふじさわかん よしだばし まつわか)
作者 歌川 国貞(三代 豊国) 詳細
時代 江戸
時代詳細 嘉永5年(1852)
解説
手前には、美男子であったと名高い八代目市川(いちかわ)団十郎(だんじゅうろう)演じる松若丸(まつわかまる)(画中では松若)が描かれ、画題枠には「戸塚藤沢宿間 吉田橋」と書かれていますが、背景には吉田橋は描かれておりません。戸塚の吉田橋は柏尾(かしわお)川(がわ)に架かる橋で、東海道と鎌倉へと向かう道への分岐点でもありました。吉田橋に松若丸が描かれ理由は、松若丸が京の公家である「吉(よし)田家(だけ)」の子息という設定に拠るものです。松若丸は謡曲『隅田川(すみだがわ)』をアレンジした「隅田川もの」歌舞伎において、悲劇の死を遂げる少年「梅若丸(うめわかまる)」の双子の兄として登場します。

Page Top