資料詳細

一覧へ戻る

資料名 東海道 日本橋
(とうかいどう にほんばし)
作者 歌川 国貞(三代 豊国) 詳細
時代 江戸
時代詳細 文久3年(1863)
解説
日本橋の向こうに毛槍 (けやり)(先端に羽毛の飾りをつけた儀仗用の槍。この毛槍を持った奴(やっこ)が大名行列の先頭を歩く)の先端が見えていることから、大名行列が近づいている場面であることが分かります。足早に通り過ぎようとする者 や、足をとめて見ている 者など、橋の手前にいる人々のざわめきも伝わってくるような臨場感あふれる作品です。

Page Top