資料詳細

一覧へ戻る

資料名 東海道名所之内 箱根山中猪狩
(とうかいどうめいしょのうち はこねさんちゅうししがり)
作者 河鍋暁斎 詳細
時代 江戸
時代詳細 文久3年(1863)
解説
将軍が座す御前で、勢子(せこ)(狩猟の際に、獲物を追い込む役目の人夫)が追い立てた猪や鹿などが、崖から逆落としになっています。猟師たちの動きや表情には、北斎(ほくさい)漫画(まんが)的な描写が見られ、自身も絵(え)手本(てほん)をよく出した暁斎の興味の幅広さが出ています。画中にある「惺々(せいせい)周(ちか)麿(まろ)」とは、「暁斎」と改める以前の画号です。

Page Top