資料詳細

一覧へ戻る

資料名 東海道名所之内 鴫立澤
(とうかいどうめいしょのうち しぎたつざわ)
作者 河鍋暁斎 詳細
時代 江戸
時代詳細 文久3年(1863)
解説
「鴫立澤」と刻された碑の前を行列が通っています。平安時代の歌人である西行(さいぎょう)は、この辺りの海岸を見て歌を詠みました。その後、歌が詠まれた当時の面影を残す景色の良い場所に碑が建てられました。画中でも、画面右 の碑の前に、俳人らしき人物 が行列に土下座をしている姿が見えます。

Page Top