資料詳細

一覧へ戻る

東海道名所 藤沢 遊行寺
資料番号 10207
資料名 東海道名所 藤沢 遊行寺
(とうかいどうめいしょ ふじさわ ゆぎょうじ)
分類 藤沢宿名所(江の島・遊行寺・四ッ谷・南湖)
作者 歌川 広重 詳細
時代 江戸
時代詳細 嘉永4年(1851)
形態・用途 書画
場所 藤沢
解説
小判錦絵 横1枚 縦18.1 横24.0
製作時期:嘉永4年(1851)。板元印なし
この作品は、折本(おりほん)(おりほん)の「東海道(とうかいどう)名所(めいしょ)画帖(がちょう)(とうかいどうめいしょがちょう)」(広重画、1851年(嘉永4年)刊、全23図)に掲載されている図の1枚です。雪景色が美しい遊行寺(ゆぎょうじ)山門(さんもん)(ゆぎょうじさんもん)を描いた作品で、現在よりも急な参道の突き当たりには重厚な仁王門(におうもん)(におうもん)が描かれ、初代広重ならではの絶妙の画面構成といえます。この門は江戸時代に遊行寺が発行した境内絵図にも描かれていますが、明治13年(1880年)の藤沢宿の大火で焼失しました。

Page Top