資料詳細

一覧へ戻る

資料名 東海道五十三次 平塚大磯間 化粧坂 鬼王
(とうかいどうごじゅうさんつぎ ひらつかおおいそかん けわいざか おにおう)
作者 歌川 国貞(三代 豊国) 詳細
時代 江戸
時代詳細 嘉永5年
解説
鬼王(おにおう)は、曽我兄弟の仇討ち物語「寿曽我対面(ことぶきそがのたいめん)」に登場する曽我兄弟の忠臣です。似顔(にがお)で描かれている二代目関三十郎(せきさんじゅうろう)は、刊行時には既に故人であり、往年の名優を描いた作品となっています。背景には曽我十郎(そがじゅうろう)の恋人・虎(とら)に縁のある化粧坂(けわいざか)が描かれています。また、画面右上には険しい山が見えますが、実際の高麗山(こまやま)はなだらかな低山でした。

Page Top