資料詳細

一覧へ戻る

資料名 東海道五拾三次 箱根(狂歌入東海道)  
(とうかいどうごじゅうさんつぎ はこね(きょうかいりとうかいどう))
作者 歌川 広重 詳細
時代 江戸
時代詳細 天保11年頃(1840)
形態・用途 中判錦絵
解説
狂歌
富黄園満春 
ことわざに 雲ともいへる 人なれや かゝる山路を 夜るも越ゆく

客を乗せた駕籠(かご)の前後に、松明(たいまつ)を持つ人足(にんそく)が付いている様子から、夜の箱根の山越えを描いていることがわかります。画面左に迫り立つ崖を描くことによって、画面右の反対側は深い谷であることが強調されています。箱根の山道は、幕府により敷石で整備され、「箱根の石畳」として現在も残されています。

Page Top