資料詳細

一覧へ戻る

資料名 東海道五拾三次 三島(狂歌入東海道)  
(とうかいどうごじゅうさんつぎ みしま(きょうかいりとうかいどう))
作者 歌川 広重 詳細
時代 江戸
時代詳細 天保11年頃(1840)
形態・用途 中判錦絵
解説
狂歌
立川伊志女 
今も猶(なお) 夢路をたどる 心(ここ)ちかな はなとみしまの 雪の曙

一面の雪景色の中に、川の青が映えています。後景には雪を冠った富士山が描かれており、雪面や空の色の濃淡によって、立体感や遠近感を感じさせる作品です。

Page Top