資料詳細

一覧へ戻る

資料名 東海道五拾三次 沼津(狂歌入東海道)  
(とうかいどうごじゅうさんつぎ ぬまづ(きょうかいりとうかいどう))
作者 歌川 広重 詳細
時代 明治
時代詳細 天保11年頃(1840)
形態・用途 中判錦絵
解説
狂歌
東雲亭於(喜)保 
名にしおふ 沼津堤 花見酒 沼のごとくに 酔しひとむれ

画面手前の街道沿いに牓示杭(ぼうじくい)がみえることから、沼津宿の西はずれの茶屋から富士山をみた風景と思われます。後景の左側に見切れるほど大きく富士山が描かれ、その右ふもとには愛鷹山(あしたかやま)が描かれています。富士山にかかるように漂う雲が富士山と空の高さとの広がりを思わせます。この沼津の画のあとに、次の場面の原(作品№13)の画を見ると、まるで歩を進めながら富士山を眺めているように感じられます

Page Top