資料詳細

一覧へ戻る

資料名 東海道五拾三次 蒲原(狂歌入東海道)
(とうかいどうごじゅうさんつぎ かんばら (きょうかいりとうかいどう))
作者 歌川 広重 詳細
時代 江戸
時代詳細 天保11年頃(1840)
形態・用途 中判錦絵
解説
狂歌
梅香居 
春風に 向て田村を すぎ行けば 真袖に匂ふ 梅にかん原

吉原と蒲原の間の宿(あいのしゅく)である岩淵(いわぶち)あたりの景色でしょうか。あえて富士山を隠すかのように手前に樹木を配することによって、木々が迫る山あいの街道の様子を表現しています。

Page Top