資料詳細

一覧へ戻る

資料名 東海道五十三次 日本橋
(とうかいどうごじゅうさんつぎ にほんばし)
作者 二代 歌川 広重(重宣) 詳細
時代 江戸
時代詳細 安政元年(1854)
解説
日本橋を振(売り(ふりうり)や旅人たちが行き交い賑わっている様子が描かれています。日本橋の橋向こうには蔵が建ち並び、右奥には江戸城、さらに後景には富士山が描かれています。

Page Top