資料詳細

一覧へ戻る

資料名 東海道五十三次 品川
(とうかいどうごじゅうさんつぎ しながわ)
作者 二代 歌川 広重(重宣) 詳細
時代 江戸
時代詳細 安政元年(1854)
解説
艶やかな着物姿の女性を手前に、品川沖を眺める風景が描かれています。流通の要であった品川沖を示すかのように大八車(だいはちぐるま)が置かれており、その傍らには子犬が描かれています。

Page Top