資料詳細

一覧へ戻る

資料名 東海道五十三次 程がや
(とうかいどうごじゅうさんつぎ ほどがや)
作者 二代 歌川 広重(重宣) 詳細
時代 江戸
時代詳細 安政元年(1854)
解説
権太坂(ごんたざか)を登った先の境木(さかいぎ)の茶屋が描かれています。この境木の立場(たてば)では牡丹餅(ぼたもち)が名物として有名でした。
画面手前左にみえる「まねき」と呼ばれる小旗には、「はんもと(版元)」「大吉」の文字が見えます

Page Top