資料詳細

一覧へ戻る

資料名 東海道五十三次 江尻
(とうかいどうごじゅうさんつぎ えじり)
作者 二代 歌川 広重(重宣) 詳細
時代 江戸
時代詳細 安政元年(1854)
解説
 江尻宿の南に位置する清水湊(しみずみなと)側から、三保の松原(みほのまつばら)越しに田子の浦(たごのうら)を見る景色です。画面右から海面に突き出るように伸びているのが三保の松原で、後景の愛鷹山(あしたかやま)の奥には富士山がそびえています。

Page Top