資料詳細

一覧へ戻る

資料名 東海道五十三次 鞠子
(とうかいどうごじゅうさんつぎ まりこ)
作者 二代 歌川 広重(重宣) 詳細
時代 江戸
時代詳細 安政元年(1854)
解説
 鞠子宿(現在は丸子)は東海道で最も小さな宿駅でしたが、宇津之谷(うつのや)峠(とうげ)を控えた休憩地として賑わっていました。名物はとろろ汁で、画中にもその文字がみられます。

Page Top