資料詳細

一覧へ戻る

資料名 東海道五十三次 嶋田
(とうかいどうごじゅうさんつぎ しまだ)
作者 二代 歌川 広重(重宣) 詳細
時代 江戸
時代詳細 安政元年(1854)
解説
 島田宿と金谷宿の間を流れる大井川(おおいがわ)の風景です。後景に富士山が見えることから、金谷側から描いていることがわかります。大井川は川幅が広いうえに川筋が一定しないため川留(かわどめ)も多く、東海道一の難所として知られていました。また、画面手前では旅姿の女性たちが平輦台や人足で運ばれています。画面奥は、運ばれる荷物などから大名行列の川越えであることがわかります。

Page Top