資料詳細

一覧へ戻る

資料名 東海道五十三次 日坂
(とうかいどうごじゅうさんつぎ にっさか)
作者 二代 歌川 広重(重宣) 詳細
時代 江戸
時代詳細 安政元年(1854)
解説
 日坂宿の東に位置する小夜の中山(さよのなかやま)峠という坂道には、「夜啼(よなき)石」とよばれる街道の名物がありました。旅人たちが取り囲んで見物している様子もみえます。夜啼石には、山賊に殺されてしまった母親の霊が石に移り、毎晩泣き声を上げたという伝説があります。

Page Top